北海道函館でインプラントといえば前多歯科クリニック 函館駅に近いからアクセス抜群。

 
 
医療法人社団前多歯科クリニック  
トップページへ医院案内スタッフ紹介診療案内栄養内科美容外科アクセス求人案内
前多歯科クリニックの内科
 
   
診療案内
 
消毒・滅菌システム
  
インプラント
  
歯周病治療
  
矯正治療
 
噛み合わせ治療
 
口臭治療
  
ホワイトニング
 
いびき治療
 
前多歯科クリニックの
 
 イパーク
 
栄養内科
 
宮澤賢史
  詳しいプロフィールは、こちらからご覧下さい。
 
  これからの内科学
 

医療法人社団 前多歯科クリニック
理事長 前多 壮晃
   
ノーベル賞を2回受賞した「ライナス・ポーリング博士」と「エイブラハム・ホッファー医師」により、創出された治療法に基づく新たな健康管理、回復に努めていきたいと考えております。
私は健康のため、この20年、毎朝ヨーグルト・バナナ・きのこを摂取しており、そのおかげで、毎日朝9時半から夜9時半まで走り回ったうえに、夜10時からナイター設備のもと畑仕事をしても、体に疲れを感じることなくこなせていると思っておりました。もちろん、なんのアレルギーの症状も無く・・・。
そのような中、今年3月、宮澤賢史先生のもとで潜在型アレルギーの検査を行った結果驚くことに、ヨーグルト・バナナ・きのこ・卵が潜在性のアレルギーの限界値であるとがわかったのです。(これは日本の医療機関で検査することができないものであるため、国際宅急便を利用してアメリカにて検査を行うものです。)健康のために毎日摂取したり、幼少期から好きで食べ続けて来たものが、自分の体に無理をかけ、免疫を悪化させていたことに気づき、大変ショックを受けております。今は、それらの食品摂取を極力控えるようにしています。
これにより、体は爽快となり長年の肩こりは一掃されました。宮澤先生には感謝してもしきれません。
 
  腸内環境検査
   
口腔内と同じように、腸内にカンジタ菌やEnterBacter Cloacaseなどの悪性細菌が感染している場合、免疫機能は低下し疾病は誘発されます。
それらの悪性細菌を抗菌作用のある食品または抗生剤で除去し、その人の持つ本来の免疫を回復していくための検査です。 (アメリカに検体を送ります。)
 
  潜在アレルギー検査
   
ほとんどの方が潜在型アレルギーに気づかず生活をしております。
たとえば、小麦は日本人が食べ始めて間もない食品で、日本人のDNAが小麦を受け入れるようになるまであと6世代はかかると言われています。
最近、「茶のしずく」という小麦入りの石鹸を使用したことで、小麦アレルギーを発症し、一生小麦(パンやパスタなど)を食べられなくなってしまったというニュースがありましたが、私が思うに、小麦に対して潜在型のアレルギーを持った方が長い間小麦を摂取し、その潜在型アレルギーが限界値を迎えていたところに小麦入りの石鹸を毎日使用したことがそのほとんどの原因だと思います。このように、潜在型アレルギーは「気づいた時には、もう遅い」という面がありますので何も症状が出ないうちに、その食品の摂取を控えるべきだと考えます。数ヶ月摂取を控えることにより、潜在型のアレルギーは改善されるので、その食品は再び摂取可能となります。
(アメリカに検体を送ります。
 
  有害金属蓄積検査
   
現代社会においては、水道水、魚介類、残留農薬、排気ガス、歯科用金属等、様々な経路で有害重金属が驚くほど体内に取り込まれているものです。
(私も検査をしたところ、水銀、ニッケルがレッドゾーン近くまで体に取り込まれていました。)有害重金属の蓄積により、高血圧、アトピー、精神疾患、関節炎、ガン、視覚聴覚異常などありとあらゆる症状を起こすと言われております。体内蓄積量が多いと判断された場合は、特殊なサプリメントや点滴により排泄治療を行い、免疫機能を回復させ健康維持を目指します。 (アメリカに検体を送ります。)
 
  EDT検査
   
日本人の一番の死亡原因であるガンにならないよう、免疫力をあげ健康維持を 行うのが理想です。しかし、それでも不幸なことにガンに罹患してしまうこと があります。
そのような時に、一秒でも早くガンを発見し治療を行いたいと考えるのはもっ とも自然であり、そのことがガンから生還する決め手となることは誰しもが肯 定することです。
早期ガンの発見のため、ペット検査を受けられた方がいらっしゃると思いますが、そのペット検査より早く早期ガンを発見できるEDT という血液検査があり ます。(ギリシャに検体を送ります。)
1.5mm 程度の小さなガンでさえ発見できるというものです。
免疫力を高めガンに罹患しないようにすることは基本です。さらに定期的な EDT 検査を行うことで、もしもガンに罹患した場合に早期に対応できるよう心 がけることも重要だと考えます。
 
  CTC検査
   
不幸にもガンに罹患してしまった患者さんは、外科的処置、薬物的処置、放射線治療を行ったあと様々なガンに効くと考えられている健康食品を摂取し始める傾向にあります。しかし、その摂取しはじめた食品が本当に宿主のガン細胞に作用するかはブライド処方のため、確実性にかけるものです。しかし、現在ではEDT 検査の技術などを用いてどの健康食品が宿主のガン細胞に感受性があるか(ガンに罹患した患者さんの血を流れるガン細胞をシャーレー上で培養し50 種類の様々な健康食品を作用させ、ガン細胞を80%以上死滅させる力のあるものを提示する)検査を行い、宿主のガン細胞に本当に作用する健康食品を選択することができます。これがCTC 検査です。
(ギリシャに検体を送ります。)
また、この検査はガンの転移の可能性の確率も判定できるものですので、もし不運にもガンに罹患した方は、ぜひ検査を行い、健康回復をはかって頂きたいと思います。
これらの検査の日本における第一人者である宮沢賢史医師が当院に定期的に訪れてくださることにより、皆様の健康維持・回復のお手伝いができるという喜びと、これまでに増す責任を感じ、より一層の精進をしなければと決意をしている次第です。
 
      
 
 
 
医院案内 インプラント
スタッフ紹介 歯周病治療
診療案内 矯正治療
栄養内科 噛み合わせ治療
美容外科 口臭治療
アクセス ホワイトニング
求人案内 いびき治療
消毒滅菌システム トップページ
 
医院外観
診療時間
 
 
 
 
Copyright 2005 Maeta Dental Clinic. All Rights Reserved