北海道函館でインプラントといえば前多歯科クリニック 函館駅に近いからアクセス抜群。

 
 
医療法人社団前多歯科クリニック  
トップページへ医院案内スタッフ紹介診療案内栄養内科美容外科アクセス求人案内
顎関節症・噛み合わせ
 
   
診療案内
 
消毒・滅菌システム
  
インプラント
  
歯周病治療
  
矯正治療
 
噛み合わせ治療
 
口臭治療
  
ホワイトニング
 
いびき治療
 
前多歯科クリニック

 
 
 
顎関節症と噛み合わせ
 
顎関節症と噛み合わせ
 
  ■顎関節症
 
顎関節は滑膜性の関節に似ていますが、実は摺りから発達した繊維関節で、神経支配が7つあってこれらが寄り集まって関節円板というクッションの役割をする軟骨となっています。そしてこれらの筋肉はすべて内臓筋由来のもので、関節がやられると内蔵筋の障害として症状が現れます。そして内科的疾患と同じような心身症になることがあるといわれています。このことから、東京大学口腔外科の西原克成先生も顎関節を『命の要のちょうつがい』と位置付けられています。その顎関節を支えるもっとも効果的な器官が歯です。そのため噛み合わせのちょっとした狂いが顎関節症につながることもあり、噛み合わせの重要性について認識する必要があります。
最近、堺市開業の筒井豊先生が、顎関節症を下顎孔伝達麻酔によって、開口障害などの症状を劇的に改善されているという内容のご講演をうかがいました。先生はその中で、1994年に、顎関節学会の特別講演で日系アメリカ人のDr.Hatasakaが「顎関節症は筋肉の病理であり、咬合異常は顎関節症を起こすものではない。顎関節症の原因は1に筋肉、2に顎関節、3に咬合である」と話されていたことを紹介されました。先生によると、顎関節症の主因は、開口筋である外側翼突筋のスパスム(過緊張)によるもので、伝達麻酔により、そのループ(悪循環)を遮断してやることで著明な改善が得られ、再発も非常に少ないとのことです。また精神的なストレスによっても、筋肉のスパスムは起こり、人によっては度々再発を起こすとのことでした。実際にこの方法を行なうと、非常に効果的に顎関節症状を改善できます。
また、口腔機能と健康のかかわりについてでも触れましたが、顎関節症は体全体の変形症の一症状ということができ、横寝やうつ伏せ寝、頬杖などの習慣があると顎関節に持続的な力がかかり、症状を悪くしていくことになります。体の使い方に著しい左右差があったり大きな力がかかっていたりすると、顎関節を支える頭蓋骨にも歪みが出てくるといわれています。関節を支える基準になる部分が狂うことは大きな問題で、整体などでは『頭蓋骨調整』という方法で対応しているようです。しかし、根本的には日常の体の使い方のアンバランスが原因といえ、そこを治さないと根本的な解決とはならないでしょう。
矯正によって顎関節症が起こる、などといわれることがあります。このことは、いろいろな示唆を含んでいると考えられます。顎関節症は、前に述べたように主因が筋肉にあれば、いろいろなストレスによって顎関節症が発現することとなり、たまたまその人が矯正を行なっていると、それに結び付けられやすいといえます。しかし、成人で本来のかみあわせと違う位置で、咬合している場合や、早期接触があった場合、矯正とは無関係とはいえないでしょう。人間の体はある程度許容範囲を持っています。例えば堤防を想像してみてください。ある範囲は平らでその上にいても問題はありません。しかし斜面に立ってしまうと転げ落ちてしまいますね。ですからある範囲を越えると突然障害が起こってくるといったことがあります。ですから障害が起こる場合、ある程度素因があってがけっぷちに近いところに立っていたということがいえるでしょう。
下顎に入れたスプリント
 
 
正面 咬合面観 上顎に入れたスプリント
また、顎関節症の治療でよく使用される、スプリントと呼ばれる、プラスチックのプレートについてですが、一般には、夜だけ使用するので効果が確実な方がいいとして、かなり大きなものや舌に触るものを入れている場合が多いようです。しかし、嘔吐反射が起こる人も多く、なかなか慣れにくく、継続して入れてもらいにくいのが現状だと思われます。またスプリントは使用時間が短いと効果が少ないという側面もあります。そこで、私は各務肇先生のポールスプリントからヒントを得て、舌運動を阻害しないスプリントを考案し、臨床に応用しております。これにより、違和感や発音障害も非常に少なく、長時間の使用が可能になりました。ただ、スプリントを長期間入れると歯の沈下を招き、広義の矯正力として作用するため、私の場合矯正時に意図的に24時間入れる以外は、症状のある初期以外は睡眠時と、仕事や運転で無意識に緊張して噛みしめを起こすときに限定して装着するように指導しています。
口元から健康を考えるより転載

 
  ■噛み合わせ
 
なぜ咬み合わせが悪いとよくないの?
最近の子供たちは、歯牙の並ぶスペースがなく、いわゆるディスクレパンシーと呼ばれる、歯が歯列の中にきれいに並びきらない状態となっていることが多くなっています。そして子供たちの中でも疲れやすいとか、いろいろな体の不調を訴える人がかなり目立って来ています。その中には、咬み合わせが悪いことが原因と思われるものもかなりあるようです。
 
 
口腔筋のバランスによって歯列は形成される
医歯薬出版 『歯科矯正学』より転載
歯並びの悪い状態(14歳)
そしてその原因として、食生活の軟食化により顎が小さくなっているといわれ、「卑弥呼の時代のような固いものを食べて顎を発達させよう」といったことが常識のように語られています。しかし、顎の脆弱化した現代人に、卑弥呼の時代の食事をさせれば顎関節症(顎の関節の病気、口が開きにくくなったり痛みが出たりする)になってしまうことも考えられます。また、固いものを食べることによって、本当に顎の成長が得られるのでしょうか?
歯列は口輪筋・頬筋といった歯の外側の筋肉と、内側の舌とのバランスによって成り立っています。固いものを食べると、咬筋などの外側の筋肉が発達して、歯列は発育していかない方向にいくはずです。そこで考えられるのは、咀嚼(そしゃく・かみくだくこと)とともに行われる嚥下(えんげ・飲み込むこと)運動によって、舌運動が活発化して起こる舌の筋肉の発育です。「かめない子・かまない子」というのが問題となっていますが、乳児期の嚥下サイクルの形成期に、口唇・舌の発育が充分でないと歯列不正になるとともに、いろいろな不定愁訴(明白な器質的疾患が見られないのに、さまざまな自覚症状を訴える状態)が現れてくることになります。このような状態を放置していると、成長期をすぎて矯正を行うとすると、抜歯症例となる場合が多くなります。
また、咬み合わせても、歯の接触面積が少ないため、噛む力も弱く咬み合わせも不安定になります。アメリカの矯正医で98.5%非抜歯で治療しているという、グリーンフィールド先生も抜歯すると顔貌の萎縮がみられ、その人の本来持っている成長発育を阻害すると報告しております。
またウイルソンの3Dモジュール矯正の極東地区インストラクターである各務肇先生も、舌の発育が充分でないことにより歯牙が舌側傾斜(内側に倒れる)して、歯列の発育が抑制されディスクレパンシーがおこり、また舌のはいるスペースが不足し、舌根沈下(舌がのどの奥の方へ落ち込んでしまう)のため気道狭窄を起こし、酸素の取り込みが不足して、いろいろな不定愁訴が起こるといわれています。例えば、朝起きたとき喉がカラカラであったり、偏頭痛・腰痛・冷え性を起こしたり、などは咬合からくるものがかなりあるようです。
また、口呼吸や、うつ伏せ寝などの力学的側面から、歯列の変形や咬合の破壊、顎関節症、さらには免疫系が侵されて、アトピーや鼻炎、喘息、血液疾患などが起こることも、前東京大学の西原克成先生からの報告にあります。
 
 
正 面 上、うつ伏せ寝による狭窄 下、小臼歯の舌側転位
この方は20代の女性です。下顎の小臼歯(前から5番目の歯)が生えるスペースがなく、内側に倒れています。そのため、舌の入るスペースはそれより奥側となり、舌がのどの奥の方へ位置することになります。それによって気道(空気の通り道)が狭くなり、体全体が酸素不足になり、睡眠が浅く、仰向けには苦しくて眠れないため、横ないしうつ伏せ寝をすることになり、歯列に頭の重さがかかり、歯並びの狭窄を起こしています。さらに、朝起きたときの偏頭痛や、冷え性などが起こっています。また、歯列の前突から口呼吸をしており、さらに悪い循環になっています。
 
 
正 面
同じく20代の女性ですが、うつ伏せ寝の影響がよりはっきり現れています。歯列はV字型になり、前突のため口唇を閉じにくく、やはり常習的な口呼吸になっています。そのため扁桃腺が腫れており、免疫機構の疲れからアレルギー性鼻炎があり、花粉症にもなっています。また、上の歯列が下の歯列を抱え込むように内側に傾斜しており、このような咬み合わせの場合、顎関節症を起こしやすいといわれています。
 
      
 
 
 
医院案内 インプラント
スタッフ紹介 歯周病治療
診療案内 矯正治療
栄養内科 噛み合わせ治療
美容外科 口臭治療
アクセス ホワイトニング
求人案内 いびき治療
消毒滅菌システム トップページ
 
医院外観
診療時間
 
 
 
 
Copyright 2005 Maeta Dental Clinic. All Rights Reserved